総計: 1004277  今日: 1  昨日: 134       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 解説1「水島社長の司会」 
 解説2「左崩れの右」 
 解説3「古武道とは」 
 解説4「外国人に対する武術指南について」 
 解説5「チャンネル桜の武道番組」 
 解説6「日本伝捕手術」 
 解説7「合気道とは」 
 解説8「鹿島神流について」 
 解説9「平賀源内のドラマ」 
 解説10「日本刀の竹目貫」 
 解説11「平田弘史記事」 
 解説12「劣化の推移」 
 解説13「古武道の隠蔽」 
 解説14「斬首刑について」 
 解説15「譬え噺」 
 解説16『魏志倭人傳』 
 解説17「なぎなた道」は 
 解説18「自衛……それだけでは」 
 解説19「ラストプリンセス」 
 古傳十二大秘劍解説 

●解説9「平賀源内のドラマ」
昔々のNHKドラマ。我の記憶にも薄いが、ネットのお蔭である程度調査する事が出来た(有り難い世の中ではある!)。題名は忘れていたが、『天下御免』である(確かに!)。そして放送年代は1971年とある。正に四十年近い前でこの点は我の記憶に違いはなかった。
公害問題や、あとアンチ忠臣蔵的な話しがあった様に思う。我は右であろうと左であろうと色々な意見があってもよいと思うので、この様な部分はそれほど氣には成らない。実際全体的な話、ストーリーは中々良く、かなり面白かった様に思う。
しかしながら右、左関係なく、とにかく嘘は駄目なのであり、この点が重要なのである。

即ち例のアイヌ問題には嘘が確かに含まれ、これは確かに問題であるだろう。鈴木宗男氏が得々として正に大得意となってこの話を語り部の如く繰り返しているが、これは問題である。
この逸話は日本国が国策としてなした事ではなく、そのような商人がいたと言う事だけだろう。それもそれほどあくどい話しではなく、これは上方商人の悪のりしたジョークの様に思われる。
原典モデルは「時饂飩」ではなかろうか(江戸落語ならば「時蕎麦」)。とにかくこんな判りやすいジョークはなく笑わせられる。そもそも当時のアイヌは物々交換であったのだから、いやならクレームをつけても良いし、こんなジョークに引っかかるのは「落語」の世界か、精々最初の一回のみであるだろう。多分上方風のジョークをやった商人は確かにいて、それが余りに面白いので語り継がれたと言う事なのではなかろうか。
ただそれを日本のアイヌ虐待と表現したNHKも問題だし、未だにそんなことを言っている鈴木氏も正に逆に「イカガナモノカ」ではある。

うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.