総計: 1004281  今日: 5  昨日: 134       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 解説1「水島社長の司会」 
 解説2「左崩れの右」 
 解説3「古武道とは」 
 解説4「外国人に対する武術指南について」 
 解説5「チャンネル桜の武道番組」 
 解説6「日本伝捕手術」 
 解説7「合気道とは」 
 解説8「鹿島神流について」 
 解説9「平賀源内のドラマ」 
 解説10「日本刀の竹目貫」 
 解説11「平田弘史記事」 
 解説12「劣化の推移」 
 解説13「古武道の隠蔽」 
 解説14「斬首刑について」 
 解説15「譬え噺」 
 解説16『魏志倭人傳』 
 解説17「なぎなた道」は 
 解説18「自衛……それだけでは」 
 解説19「ラストプリンセス」 
 古傳十二大秘劍解説 
●解説13「古武道の隠蔽」
GHQはかなり巧妙に古流武術の存在を隠したと思われるが、逆に個々の軍人の中には日本軍のかつての強さに驚き、その核の部分に古伝の武術がある事を見抜き、それを個人的に追求して門を叩き、それを世界に紹介した者もあった。だから現代では日本人が知らずとも、外国人の方が日本武道と言うものに関心がある場合が多く、実際古伝技を習得している者もいる。
しかし個人の業績は別として米国政府の方針としては実戦的な古伝武術を日本人から取り上げようとした事は事実であり、占領期間中は絶対的な規制があり、武道を解禁する時でも総てGHQ式に造り替えて施行を許した。そしてまたGHQの方針に添った形で戦後に幾つかの新しい武道が成立していった。いや明治以降の武道ばかりではない。この様な方針にそって古流武術自身、その多くが古流武術その儘ではなく、体系を劣化させ、教授方式を全く転換して「現代式古武道」的なものに変質して余命を保とうとしたのである。正に現代において古武道と言われているものの殆どは「現代式古武道」、もしくは「古武道風武道」としか言えない様なものとなってしまったのである。
これらのものは戦前の武道とも、そして江戸期に完成し、戦前まで全く変質なく、古伝の儘伝承されてきた正真の古流武術とは全く異質のものである。先ずは稽古法が全く変質してしまっており、組織のあり方、許しの方法論、全く現代式になり、精神性の部分は全く別物と言える。技法自体もかなりの違いがあり、これらを日本の伝統武道として分類する事は余り妥当ではないと我は考える。
それはともかく、日本人の意識から古流武術の存在を抜くために色々な操作が今でも存在する事に注意しなければ成らない。実の所、米国からの操作は占領後かなり薄まり、ある時期においては古伝武術復興の兆しがあった時期もある。
戦後のある時期にはテレビに古武道がある程度紹介される事は無きにしも非ずであったし、そして古武道振興会が復活したり、日本古武道協会が設立されたりもした。またある時期においてはブームによって多くの空手映画が制作され、「永遠なる武道」なる日本武術映画まで制作された事もある。しかしその様な兆しも昭和の御代くらいまでであり、メディアへの介入や裏操作をある時期までなしていた米国に引き継いで、次には別の国の操作が日本のメディアの奥に次第に入り込み、現在でも正真の古武道は殆ど全く隠蔽された状態である。
昭和の終わり頃か東京テレビが二時間以上の全国の「日本古武道」の紹介特別番組を一度作った事があるが、以後平成に入ってからはマスメディアでは古流武術が紹介される事は絶えて無くなり、ドラマでも『姿三四郎』は制作されず、また時代劇ドラマでも古流武術文化は殆ど総て暈された形でしか放映されなくなってしまっているのである。
これは決して偶然ではなく、平成の初め頃から大陸の大国の力がまし、彼の国の工作員が触手を延ばしてマスメディアの深い所に入り込んできた時期と年代を等しくするのである。戦後生まれの人の殆どは本格的にして正真の古流武術などみたことも聴いたこともないと言う本当に異常な事態になってしまっているのである。
うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.