総計: 1004281  今日: 5  昨日: 134       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 解説1「水島社長の司会」 
 解説2「左崩れの右」 
 解説3「古武道とは」 
 解説4「外国人に対する武術指南について」 
 解説5「チャンネル桜の武道番組」 
 解説6「日本伝捕手術」 
 解説7「合気道とは」 
 解説8「鹿島神流について」 
 解説9「平賀源内のドラマ」 
 解説10「日本刀の竹目貫」 
 解説11「平田弘史記事」 
 解説12「劣化の推移」 
 解説13「古武道の隠蔽」 
 解説14「斬首刑について」 
 解説15「譬え噺」 
 解説16『魏志倭人傳』 
 解説17「なぎなた道」は 
 解説18「自衛……それだけでは」 
 解説19「ラストプリンセス」 
 古傳十二大秘劍解説 

●解説12「劣化の推移」
現代の武道が殆ど実戦には不可と言う事を述べたが、しかし戦後の日本武道が急に弱くなったと言う事では必ずしもない。何せ戦後の師範と雖も、本質的には戦前に伝を受けてレベルの高い比較的古伝の稽古をしていた連中であり、世界に誇る日本武道としての強さはある時期までかなり保持されていたと思う。
しかし残念ながらGHQによって各武道の精神的な核とも言える部分を削られてしまっているのであり、本質的に武術として力が次第に発揮できなくなってしまったのである。つまりそれは一つには武道の定義とスタンスの問題であり、戦前は競技法を取り入れながらも武道としてのスタンスはかなり護られていたが、戦後は完全なスポーツとなり、また戦後の武道は競技の部分も廢してレジャーとして行われるものもある。根本部分が変質してしまっているが為に武術としての本当にの力が失われてゆくのはある意味当然である。実際の所、戦後に伝を受けられた師範連中が現在殆ど亡くなられ
、よって古式の技はその殆どが失われ、武術としての施行される系統が殆どなくなってしまった事は事実である。GHQはそこまでを見越して規制をかけ、時間をかけて日本武道をここまで劣化させる事に成功したわけである。

 

うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.