総計: 344260  今日: 23  昨日: 84       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 解説1「水島社長の司会」 
 解説2「左崩れの右」 
 解説3「古武道とは」 
 解説4「外国人に対する武術指南について」 
 解説5「チャンネル桜の武道番組」 
 解説6「日本伝捕手術」 
 解説7「合気道とは」 
 解説8「鹿島神流について」 
 解説9「平賀源内のドラマ」 
 解説10「日本刀の竹目貫」 
 解説11「平田弘史記事」 
 解説12「劣化の推移」 
 解説13「古武道の隠蔽」 
 解説14「斬首刑について」 
 解説15「譬え噺」 
 解説16『魏志倭人傳』 
 解説17「なぎなた道」は 
 解説18「自衛……それだけでは」 
 解説19「ラストプリンセス」 
 古傳十二大秘劍解説 

チャンネル桜の水島総社長の態度は相対的に中々立派であり、司会においても反対意見もちゃんと聞いて良い……と思っていたが、これは相対的には事実である。ただこれも他の番組の司会、例えば田原総一郎氏などと比べればという事であり、若干割り込み過ぎという場面も時々見受けられる。
最近では「幸福実現党」の時の司会は少し出すぎであり、寧ろ自身も含めて、他のチャンネル桜側発言者の発言も最小限に抑えられ、高森先生と「幸福実現党」との対論に徹せられた方が良かったのではないかと感じられた。
確かに「幸福の科学」の長の主張は「トンデモ」系ではあるが、宗教は基本的に同じような部分を持ち、仏教自体も同じであり、釈迦伝説なども考えてみれば正に「トンデモ」系である。
とは言いながら総じては中々立派であると我は思っている。ただいま少し控えられた方が、と思う事が多少あるのみである。

ともかく当サイトはチャンネンル桜の問題番組を確かに批判してはいるが、もっと大きな立場として、「チャンネンル桜」及び水島社長を認めたいし、支援をしたいと思っている。とにかく社長の発言として「皇室をとにかく大いに大切にしたいと思っている」と言う言葉があり、この様な立場がある限りにおいてはやはり「チャンネンル桜」に大いに期待したいし、最後の所では信じたいと思っているのである。「チャンネンル桜」こそ日本の最後の護国の砦であると考えているのであり、よってこそ我も別の立場においてチャンネンル桜が遺憾ながら含む蟻の一穴、微妙にして重大な瑕疵を何とかしたいと活動しているわけである。

うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.