総計: 1004276  今日: 134  昨日: 23       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 解説1「水島社長の司会」 
 解説2「左崩れの右」 
 解説3「古武道とは」 
 解説4「外国人に対する武術指南について」 
 解説5「チャンネル桜の武道番組」 
 解説6「日本伝捕手術」 
 解説7「合気道とは」 
 解説8「鹿島神流について」 
 解説9「平賀源内のドラマ」 
 解説10「日本刀の竹目貫」 
 解説11「平田弘史記事」 
 解説12「劣化の推移」 
 解説13「古武道の隠蔽」 
 解説14「斬首刑について」 
 解説15「譬え噺」 
 解説16『魏志倭人傳』 
 解説17「なぎなた道」は 
 解説18「自衛……それだけでは」 
 解説19「ラストプリンセス」 
 古傳十二大秘劍解説 
●問題点5「チャンネル桜の武術番組」
前から「チャンネル桜」みていた訳ではないのでは分からないが、ネット調査すると以前、数年前は「武道通信社」と提携しつつ同社が紹介、提供する武道家(?)が何人か出演しているようである。人脈を調べると残念ながら日本の伝統的古伝武術を護る系脈は殆どなく、寧ろ格闘技系の人脈が多いようである。唯一確かに古伝武術と言えるのは柳生心眼流の島津兼治先生のみである。島津先生ならば昔から我とも極親しい中であり、。早速電話で聞いてみたが、余り覚えておられない御様子であられた。
我自身放映を全く見ておらず、映像も流れていないようで、何とも論評も出来ないが、何れにししろ余り伝統的武術文化と言う事の本質がやはり「チャンネル桜」には理解できていない様な気がする。現在のチャンネル桜の大きな瑕疵であり、何とか修正して頂きたいと我は切に願うのである。それでなければ同放送局が折角他の部分において良質の番組を制作しながら伝統派と靈の世界で繋がっていけず、活動範囲が極めて限定されてしまうと思うからである。
 
うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.