総計: 999874  今日: 44  昨日: 39       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 解説1「水島社長の司会」 
 解説2「左崩れの右」 
 解説3「古武道とは」 
 解説4「外国人に対する武術指南について」 
 解説5「チャンネル桜の武道番組」 
 解説6「日本伝捕手術」 
 解説7「合気道とは」 
 解説8「鹿島神流について」 
 解説9「平賀源内のドラマ」 
 解説10「日本刀の竹目貫」 
 解説11「平田弘史記事」 
 解説12「劣化の推移」 
 解説13「古武道の隠蔽」 
 解説14「斬首刑について」 
 解説15「譬え噺」 
 解説16『魏志倭人傳』 
 解説17「なぎなた道」は 
 解説18「自衛……それだけでは」 
 解説19「ラストプリンセス」 
 古傳十二大秘劍解説 
問題点2
「左翼崩れの保守」
純粋な右翼というものの、これはこれで難しい存在ではあるが、左崩れの右というのも中々に微妙なものがある。右の立場の奥にあるのは本来「愛国心」であるべきであると我は思うが、存外にそれが薄く、単に保身で右であるのみ、もしくは自己主張の為、自己満足の為に右的発言をしているに過ぎない者というのが時折見かけられる。
それなりに高学歴の者が多く、また横文字知識はある事は分かるが、右を支えるのは知識や学問の事ではないはずである。
とにかく右的発言を成しながら日本人としての文化的素養が低すぎる。日本の古伝武術を一流なりとも修めた者は皆無である。武術、兵法の素人に国防の事がどれだけ分かるかはかなり厳しいものがあるようには思うのだけれど。
それはともかくとにかく話しがくどすぎる。言葉ではなく、もっと実行を伴ってほしいものである。
うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.