総計: 344260  今日: 23  昨日: 84       Home Cart Search SiteMap E-Mail Admin Page
似非保守論説の歪みを糾す チャンネル桜の問題番組を考える
事始め
問題番組を考へる
ポイント解説
護国日記23/5/15
論説21/8/8
保守派論説の歪みを考える21/8/25
GHQ武道を超えて
売国奴有名人名簿
救世済民日本憂国慨世の会
 
 
 △桂米朝 
 ○立川談志 
 ●佐々木将人 
    佐々木将人の論説 
 論説1 
 論説2「四つのタイプ」 
 論説3「三つの要素」 
佐々木将人の論説
古武道大会を見て、「鎖鎌みたいな事、今の時代にどうかと思いますね……云々」などと発言する日本人がいるだろうか? 現実的にいるとすると余りまともな日本人とは言われないとは思うだけれど。
さてさて、この言葉の意味はつまり「そんな骨董武道、一生懸命護った所で何になる……」と言う事であろうかと推定できる。そしてその奥の結論は、「真の武道と言うのは現実に対処せねばならず、現代の様式に合わせた合気道こそ学ぶべし」と言う事を謂いたいのではなかろうか。穿ったみかたではなく、それ以外にとり様がないではないか。
しかし古武道大会において、伝承師範が古流鎖鎌術の古典形を演じるのは日本の伝統古典武術を護り、日本の古典形を守護する為こそであり、日本の古典武術の本質、その貫く深い精神が久遠であれかしと願う心を以ての事であろうかと思うのである。そのような貴き演武に対して「どうかと思う……」てな発言をする者の心は「どうかと思う」し、正に頭が「どうかしている」と我は思うのだけど。

 

うどん
たこ焼き
影流
古流柔術
大東流
天然理心流1
秘武器
剣王会
琉球拳法
和義
二刀流
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.